blog

歌を上手く歌う方法(たぶん)

2015年6月23日 10:49

アイドルに楽曲提供していると、ときどき、レコーディングでディレクションを任せてもらえることがあります。
録音しながら、テイクの良い悪いを判断したり、ここはこう歌って欲しいと要望を出したり、アドバイスをしたりってことですね。
ボーカルディレクションを何度もやってきて、割と毎回同じことを言っているなぁと思うことがあるので、今回ちょっと書いてみようかと思います。

レコーディングで僕が毎回言っていることそれは

強く歌うところにアクセントをつける

ということです。
どういうわけか、のっぺりと歌を歌う人が多いんですよね。
のっぺりと歌うとリズムが悪く聞こえる、音程もはっきりしない、感情が伝わってこない、とあまり良いことがないのです。
では、どういうところにアクセントをつけるかというと、小節の1拍目とか、シンコペーションしてるところとかになります。
具体的にいってみましょう。
参考曲は僕が楽曲提供したLuce Twinkle Wink☆の刹那ハレーションです。

この曲、サビ始まりになっています。この最初のサビはこうなっています。

はしれ こうそくで はなーったやが きみのはーとにささるように

この部分にどうアクセントをつけるかというと

はしれ うそくで はーったやが きのはーとにさるように

この太字で示した部分です。
やりすぎると気持ち悪いですが、少なくともこの太字の部分だけでも意識して音を置くと、リズムがかなり良く聞こえるはずです。感情も込めやすくなります。

僕は、音楽を専門で勉強したわけでもないですし、ボーカリストでもないし、歌もかなり下手な方なので、なに言ってやがんだよって感じかもしれませんがw
ただ、少なくとも、これをアドバイスすると、飛躍的に歌が上手く聞こえるので、ぜひ、一度試してみてください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kujira-ongaku.net/cgi-bin/mt/trkbk.cgi/253