blog

久堂和美「かける青」公開します

2008年12月 7日 22:10

Twitterのお友達@kazumi9doと一緒に曲を作りました。

最初に歌を聴かせてもらった時に、この声ならロックっぽいのが合いそう! と思ってこんなメロディを作ってみました。
で、アレンジは、バンドサウンドみたいな感じをめざしつつシンプルな感じで。
張りがあって、伸びやかで、透明感のある声をうまくいかせていたらいいなーと思います。

ぜひ、聞いてみてください。

かける青

作詞:久堂和美
作曲、編曲:CHEEBOW
歌:久堂和美


歌詞


駆け抜ける明日に こぼれ落ちてく しあわせの破片 脆く光る
目に映る日々は 青く綺麗で 透けるかけらも 溶け込んで

しなやかに走る姿は 美しく強くただ愛しく
憧れ重ねるだけで 知ろうともしなかった 声も 傷も

音のない叫び あの 泣き声
わたしだけが救えるのなら この足で どこへでも
強くあるために 振り向けずに
捨ててきたかけらなら すべて この腕に 纏って届けよう


本当を隠して 幾重にも閉じて 深く沈めた けどわかったんだ
本当は寂しい 愛し愛されたい 愛されないと絶望してた

誰よりも強い人と信じてた
誰よりも臆病で孤独なひと
もう大丈夫 鍵壊して ひとりで泣かないで 側にいるわ

空色を綴じた 淡いぬくもり
手にするはずだった そう すべて 君のため繰り返す
弱いわたしにも 出来ることがある
果てない道が 果てる先まで しあわせを 君と並んで歩く

音のない叫び あの 泣き声
わたしだけが救えるのなら この足で どこへでも
強くあるために 振り向けずに
捨ててきたかけらなら すべて この腕に 纏って届けよう

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kujira-ongaku.net/cgi-bin/mt/trkbk.cgi/53


同人音楽サイトに最適なレンタルサーバ!

Recent Entries

Monthry Archive

  • カルチェラタン * Quartier Latin
  • にせぱん
  • へっどほんトーキョー