blog

くじら音楽隊(仮)のこと

2013年6月13日 11:10

最近、いろいろなアイドルさんに楽曲提供していますが、そのほとんどが「くじら音楽隊(仮)」の手によるものです。
くじら音楽隊(仮)は
というメンバーで構成された音楽制作チームです。
くじら音楽隊(仮)で手がけた楽曲はこんな感じです。 ボカロ曲も含めて12曲! いやぁ、ずいぶん作ったな......。
ボカロ曲はアイドル楽曲の制作の隙間の時間に、僕が「やろう!」と言ってやることが多いんですが、アイドル楽曲は、基本アイドルさん側(運営さん)からのオファーで制作が決まります。
こんな感じの曲でと言われることもありますし、こちらから楽曲のイメージを提案することもあります。僕とアイドルさん側とでイメージを決めたら、僕が作曲をして曲の構成を決めたらまいさんが作詞をします。詞を書いてもらっている間に僕の方ではアレンジをして、nipotanにギターのレコーディングをお願いします。歌詞が出来たら、まいさんに譜割を作ってもらって、linoさんに仮歌とコーラスのレコーディングをお願いします。ギターとボーカルが揃ったら、僕の方でミックスをして仮歌入り音源、ライブ用カラオケ、声抜きのインスト版を作ってアイドルさん側にお渡しするという流れになります。

まいさんは、僕が楽曲のイメージと、その楽曲を作る意味、入れたい言葉などを伝えると、それを僕の想像以上の言葉と仕掛けで仕上げてくれます。まい+CHEEBOWコンビでの楽曲制作は、実は、アイドル楽曲を手がける前から、二人で組んだユニットなどで行っていました。
二人ともアイドル好きなので、楽曲制作にかかる前に妄想炸裂で打ち合わせするのがとても楽しく、端から見ているとたぶんとても気持ち悪い感じです。

nipotanは僕と同じく本職はエンジニアさんなんですけど、ついコンという企画で知り合って、その後たびたび僕の曲でギターを弾いてもらっています。
もともと、アイドル楽曲には興味がなかったみたいなんですが、今ではすっかりアイドルに詳しい人になってしまいました。
nipotanは曲のコード進行とイメージだけを伝えると、バッキングとかギターソロとか完璧に仕上げてくれます。ギター部分は、ほぼnipotanのアレンジという感じです。

linoさんとは、僕がリミックスした曲をニコニコ動画で歌ってみた、してくれたのがきっかけで知り合いました。

アイドル楽曲のコーラスをお願いする前に、一緒に曲を作ったりもしています。
linoさんは、雰囲気だけ伝えると、完璧なコーラスアレンジで数トラックに及ぶコーラスを録音して送ってきてくれます。アレンジの素晴らしさに脱帽です。
仮歌も歌ってくれているんですが、この「linoバージョン」とも言うべき音源、ものすごくかっこいいです。みなさんにお聞かせできないのがほんとに残念なくらい。

という感じで、ひょんなきっかけで知り合ったメンバーが、一つになって楽曲制作を行っています。
もともと、音楽の志向性はまったく違うので、音楽性の違いにより解散とかはありえないバンド、というイメージだったりもします。
こらからも、このメンバーでたくさんの楽曲を作っていきたいと思っています!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kujira-ongaku.net/cgi-bin/mt/trkbk.cgi/187